可愛い物好きな女性必見。クラッキングメディウムの魅力

可愛い物好きな女性必見。クラッキングメディウムの魅力

「クラッキングは」女性に人気のあるアンティーク調にも使用されており、ひときわ目を弾く技、自慢したくなる、見せたくなる手法である。SNSでも必ず目を惹くだろう

これから紹介するクラッキングの専用塗料を用いた方法は、手軽なゆえに、継続的に楽しむことができ、また数をこなす事でオリジナルのセンスも生かせる特技となる。

まずはクラッキングメディウムを使用したDIY事例を紹介しよう。

可愛い物好きな女性必見。クラッキングメディウムの魅力

出典:https://www.diynetwork.com/

画像のような技法を用い、すでに家の中にある家具をアレンジするだけでも、室内の雰囲気はそれまでとは一変し、たちまち販売されているアンティーク小物のような一品が出来上がる。

出典:https://www.doityourself.com/stry/

これらのクラッキング加工を用いたあなたのDIYが、SNSやブログに投稿されることを楽しみにしている。

 

クラッキングとは

出典:http://www.resene.com.au/comn/

クラックという言葉の意味は、陶器や木材などの表面にできるひび割れの事を指している。そしてここで言うクラッキングとは、元々は傷や傷みが無い素材に敢えて加工を施し、アレンジという意味においてひび割れや傷を作る事だ

なぜ綺麗な状態の素材をわざわざ傷つけてしまうのか、中には理解ができない人もいるかもしれない。DIYやアンティークインテリアなどにはあまり触れる機会がない人にとって、傷と言うものに良いイメージを抱く事はほとんどないだろう。

 

しかしクラッキングを施す事によって物の価値がかえって上がる事もある。アンティークと言えば年季の入った渋みがある家具や内装の事であるが、クラッキングも一種のアンティークとして捉える事ができる。傷をつける事によって年代感を出し、使い古された深みや温かみをその素材に持たせる事を可能とするのだ。

 

クラッキングメディウムの使い方

出典:https://littlevintagenest.com/

 

手順① 色選び

クラッキングメディウムを使う前に、まずは材料を揃えなければならない。他のアンティーク塗装と必要な材料はほとんど変わらない。下地用の塗料の他、塗料を塗るための刷毛、素材を磨くためのやすりを用意する。そしてその他に必要となるのが言うまでもなくクラッキングメディウムと、そしてもう一つ上塗り用の塗料である。

クラッキングメディウムは、下地塗料と上塗り塗料との間に塗布する事によって使用する。これによってクラッキング塗料の上から塗った塗料がひび割れ、下地塗料が覗き見えるような仕上がり感が実感できる

そのためクラッキングメディウムを使用してひび割れを出す時には、下地塗料と上塗り塗料のカラーの選択を慎重に行うべきである。バターミルクペイントの二色でまとめれば、パステルカラーの間から覗く年代感を演出できるだろう。ブラウン系のブライワックスなどを下地として利用してみれば、木材の温かみが伝わる自然なアンティークを楽しめる。

様々な色の組み合わせによりひび割れの視覚効果も異なってくるため、数ある塗料の中から自分の好みに合ったぴったりの色を見つける楽しみができるはずだ。

 

手順② やすり掛け

塗装によって作るひび割れであるため、塗布する対象となる素材はプラスチック製品などの一部を除き、大抵の物に応用できる。ただし初心者の場合には試し塗りの意味も込め、使わない板切れなどで一度挑戦してみると良いだろう。家にある使い古しの木材小物などを使っても良いし、ホームセンターに行って安価に小さな木材を手に入れる事も可能だ。

素材として使う木材を決めたらまずはやすり掛けから行う。埃などの汚れを払い、表面に塗料を塗りやすくしておくためしっかりと整えておく。

 

手順③ 下地の塗料を塗る

塗布作業の第一段階としては下地を塗るところから始まる。クラッキングメディウムを塗ってひび割れができた時、そこから覗く色がこの下地の色となる。なるべく色むらにならないように一気に塗り上げ、塗り終わったらよく乾かしておく。

 

手順④ クラッキングメディウムを塗る

下地の塗料が乾燥したら、いよいよメインの塗料となるクラッキングメディウムの出番だ。アンティーク加工に限らず、基本的に加工用塗料の厚塗りは避けるのが塗装の鉄則となる。バターミルクペイントのように陶器の質感を重視したい場合に二度塗りなどをする場合はあるが、敢えて塗料の厚塗りを施す機会はあまりないだろう。

しかしクラッキングメディウムの場合は薄塗りか厚塗りかによってひび割れの趣が変わってくる。普段の塗装時よりもいささか暑く塗っていく事で、深みのあるひび割れ加工を施す事に成功するはずだ。

自分の好みに合わせた厚さでクラッキングメディウムを塗布し終えた後、注意しなければならないのが乾燥の程度だ。良く乾かす事が求められる塗装加工において、クラッキングメディウムはここでも例外的な手法が求められる。

あまりしっかり乾かしすぎてしまった場合、最後の仕上げとして上塗りを行っても思い通りにひび割れができない恐れが強くなる。そのためクラッキングメディウムのポイントは半乾きだ。しかしそうとは言っても上塗りした時の刷毛にメディウム塗料が付いてしまうのでは乾燥が甘すぎる。ネチネチとした塗料の質感は残しつつ、触ったとしても指や刷毛に付いてしまわない程度がベストであるため要注意だ。

 

手順⑤ 上塗り塗料を塗る

クラッキングメディウムがベストな状態まで乾かせたところで、最後に仕上げとなる上塗り塗料を塗っていく。場所によってムラが出てしまわないように一気に塗り上げる事がポイントとなる。クラッキングメディウムは予想以上に早くひび割れができてくるため、躊躇わずに手早く仕上げていく事が重要だ。

万が一ムラができてしまって上塗りされている所とされていない所の差が目立つ場合、刷毛を使って塗れていない部分に上塗り塗料を当てていく。ただしこの時は決して厚塗りをせず、極薄塗を心掛けなければならない。毛先が割れるような加減で薄く塗り込んでいく事によって、ひび割れ部分と馴染んだ様子の塗装に見せる事が可能となる。

ただしこれは最後の手段であり、できる限り二度塗りは避ける事がコツだ。二度塗りした場合にはひび割れが上手くできず、色ムラができてしまえばやはり美しくない。そのため上塗り用の塗料を塗る時には、思い切って一気に仕上げなければならない。

 

クラッキングメディウムの入手方法

クラッキングメディウムの入手方法はいくつかある。一つはホームセンターを訪れ、直接店で購入する方法だ。

塗料の量や容器の大きさなどは直接見ないと分からないため、初心者の場合にはまず自分の目で確かめてくる事も大切だろう。

 

しかしあまり時間がなく店まで言っている時間がないと言う人の場合、ネットから簡単に購入する事もできる。有名なのはアマゾンだが、比較的安い値段でひび割れ加工のためのクラッキングメディウムを手に入れる事が可能となる。

クラッキングメディウムを販売しているメーカーは一つではない。その中でも最も女性人気が高く有名であると言えるのが、ターナー色彩株式会社のクラッキングメディウムである

https://amzn.to/2r17AxP

クラッキングメディウムはもちろんの事、アンティークメディウムなど様々な塗料が人気のメーカーとなっている。容器の可愛らしさから女性層の顧客が非常に多く、DIYやアンティーク塗装を趣味としている人であれば一度は聞いた事のあるメーカーであるはずだ。

また、ターナー色彩以外にも人気の商品はある。たとえばオールドビレッジのオールクラックアップはやはり女性人気の高いメーカーによる商品であり、使いやすさもターナー色彩とほぼ変わらない

https://amzn.to/2r17Gpb

オールドビレッジもターナー色彩と同様、ミルクペイントに定評のある塗料メーカーだ。

クラッキングをする時にメーカーごとに必要な塗料を揃える人は多いが、オールドビレッジで揃えてみてもターナー色彩に劣る事は決してない。こちらも有名な商品なので、初心者の女性にも十分におすすめできる。

もしくはこの他、イマジンのクラックベースもお勧めできる商品の一つだ。

https://amzn.to/2HZWrp6

アンティーク塗料と言えば上記2社による商品を思い浮かべる人が多いだろう。しかしイマジンからもエイジング加工用の塗料はいくつか発売されており、使用感は他のメーカーとやはり大差ない。

ここまでで紹介した3つのメーカーによるひび割れ加工用の塗料は、初心者にとっても使いやすく簡単に年代感を出す事ができる。値段もそれぞれ2000円弱でありそこまで差はないため、直感的な好みで見比べてみるのも良いだろう。お気に入りの商品が手に入るはずだ。

 

クラッキング塗装の良さ

出典:https://www.avintagegreen.com/2016/11/

クラッキング塗装のポイントとなるのは、あくまで塗装によって年代感を演出できる点にある。

実際に素材の表面を削る事によってひび割れ加工を施すクラッキング技術もあるにはある。しかしその場合にはクギや粗めのやすりを使用し、新しいものの表面を実際に傷ませることになるだろう。

とは言えDIYを施す場合、中には思い出の品や大切に扱ってきた素材をアレンジする事もあるはずだ。アレンジのためとは言え、その対象物にキズを付けるのは憚られる。

そこで有効な方法として用いられているのがペイント加工だ。ひび割れ加工を行うための専用塗料として売り出されているクラッキングメディウムは、大切なものにキズを付けることなく、それでいて年代感をしっかりと刻み付ける事を可能とさせている

出典:https://www.valsparpaint.com/en/

クラッキングメディウムは素人であっても取り扱う事ができる塗料だ。DIYのために用いる手軽な道具としても人気が高くなっている。クラッキングメディウムを使ってひび割れ加工を施す事が一部の女性の間では流行っており、誰であっても簡単に使用できることが人気となる一つの理由だ。

DIYの一環としてクラッキングを行ってみたければ、このようにクラッキングメディウムを使いながら手軽に楽しむのがおすすめだと言える。

 

クラッキング塗装に最適な対象物

出典:http://www.y-knot-creations.com/

 

クラッキングメディウムが使用できない物

クラッキング塗装は実際に対象物へ傷をつける事がないため、どんな物でも手軽に使用感のある物へと変化させる事ができる。そのため紙材や金属など、やろうと思えばどんな対象物でも手がける事が可能となるだろう。

一つ注意しておかなければならないのは、クラッキングメディウムも全てにおいて万能と言う訳ではない事だ。塗料である限り濡れない対象物も存在する。たとえば身近なものであればペットボトルを挙げる事ができるだろう。

試し塗の一環としてペットボトルを使用しても、上手く塗る事はできずひび割れもできない。また、内装材としても利用される事のある塩化ビニルクロスなど、他の素材に比べて柔らかく脆い性質の物には利用できない。ひび割れているように見せるどころか、実際に素材の割れなど、傷めてしまう原因ともなりかねないため使用の際には注意が必要となる。

 

クラッキングメディウムを使用できる物

使用できない物がある一方で、問題なく塗装可能な金属や紙、あるいは木材については、非常に優れたアンティーク感の演出を可能としている。金属でできた小物やインテリアなどにクラッキングメディウムを施し、長年人々に使われてきた木材インテリアのように見せる事も可能だろう。

また、たとえば100円均一に行くと紙でできた棚や贈答用の小箱などがたくさん手に入る。そこにクラッキングメディウムを使った塗装を行ってみれば、他では手に入らない一味違った商品として生まれ変わらせる事ができるはずだ。元々は100円で購入できる紙の箱が、塗装加工ひとつを施しただけで年季の入った木箱に変身するのである。DIYを初めてみたばかりの人であれば特に、その変化の仕方に驚きと感動との両方を味わう事になるだろう。

このように髪や金属に対するひび割れ塗装も十分に楽しむことが可能である。しかし一度よく考えてほしい。ひび割れという現象が最も自然に起こる素材と言えばなんであろうか。確かに好みや価値観は人それぞれであるが、ひび割れを最もよく表現できる素材と言えばやはり木材を置いて他にない

木が時代を経て古くなっていく過程には温かみが込められる。金属や紙などはどうしても人工的な風合いが残されてしまうが、木材だけは削ったものをそのまま使用している素材である。

木材の温かみにプラスしてひび割れ塗装を施していけば、単なる表面上の年代感だけではなく深い味わいを感じる事ができる。髪や金属もお勧めできない訳ではないが、せっかく初めてひび割れ加工に挑戦してみるのであれば木材が最適な素材となるだろう。

 

クラッキングメディウム以外のおすすめアンティーク塗料

ここまでターナー色彩のクラッキングメディウムを中心に塗料の紹介をしてきたが、同メーカーではこれ以外にも様々なアンティーク塗料が商品化されている。

最も有名と言えるのはやはりミルクペイントだろう。マットな質感やパステルカラーの可愛い色調など、長年のファンも多く女性が行うDIYには欠かせない商品の一つだ。

https://amzn.to/2JvfRlw

あるいはアンティークメディウムという塗料もお勧めできる商品となっている。アンティークと名のつく通り古い質感や年代感を思わせるためには抜群の塗料となっており、基本的には上塗り材として使用されている。

https://amzn.to/2JqEoIc

こちらのアンティークメディウムについてはミルクペイントのように全体に塗布して色彩アレンジを施すと言うよりも、すでにアンティーク塗装をしたその上からさらに古ぼけた演出を施すために使用する事が一般的だ。

ミルクペイントだけでは少々綺麗な感じが出過ぎてしまうと言う時にも、このアンティークペイントを使えば汚れた雰囲気を即座に醸し出す事ができる。その際のミルクペイントは色味の濃い色調よりも、できる限り薄く淡いタイプを選んだ方が汚れもはっきりとしてわかりやすく目立つはずだ。汚れを少しずつ足していく事によって、オリジナル間のあるアンティーク小物やインテリアが作り出せるだろう。

クラッキングメディウムを使ってひび割れ加工を施した後にこのアンティークメディウムを使用するのも最適である。ひび割れと汚れとの両面から年代感を出す事ができ、一層味のあるインテリアへと変化を遂げるに違いない。

 

女性は可愛いものが好き。ターナー塗料の魅力とは

女性は可愛いものが好き。ターナー塗料の魅力とは

女性とは可愛いものが好きな生き物である。可愛らしい色彩を持つ商品を数多く揃えているターナー色彩だからこそ、クラッキングメディウムも含めて多くのファンが定着するのだろう。

女性にも使いやすい事はDIYに使える塗料として重要である。においがきつかったりすぐに固まってしまうような原料だったり、手軽なDIYを可能とさせない塗料であると挫けてしまう女性も多い。

しかしながらターナー色彩による塗料は誰でも簡単に使える事が魅力の一つでもある。手軽・簡単というフレーズに初心者の女性は関心が高く、それらを実現可能とさせるターナーを使用してみてDIYにのめり込んでいく人達もいるはずだ。

また、パッケージの可愛らしさから手に取りやすい雰囲気があるのもターナー色彩のポイントだろう。塗装と言うとどうしても男の世界と言うイメージが強く、本格的な職人だけが踏み込める地点のような敷居の高さを感じてしまいがちだ。それに対してターナー塗料の容器はお菓子でも入っていそうな趣がある。色の種類の多さに加え、ミルクペイントやクラッキングメディウムなど、用途によって使い道の異なる様々な商品を売り出しているのがターナー色彩だ。そしてそのどれもが統一された容器を使用し、種類ごとに集める楽しさと言うものも感じられる塗料となっている。

 

公表できる趣味を磨く

出典:https://www.alibaba.com/product-detail/

クラッキングは簡単であるにもかかわらず出来栄えがプロの味わいを醸すため、人に見せびらかしてみたくなる気分も出てくるはずだ。しかしはじめたばかりの不格好な状態でいきなりブログに乗せたりネット動画に上げたりするのは避けた方が良い

人に見せるのはある程度慣れてきた辺りから、初期の頃の失敗例なども含めて上達の過程を説明していくと良いだろう。閲覧者にとっては参考にもなり、それと同時に自分にとっても技術の確認となるはずだ。

公表できる趣味を持つ事は日々の充実感にも繋がっていく。クラッキングメディウムができるだけでも室内を深みのある状態にできる。そのため充実感は十二分に得られるはずだが、自分の成果とは人に見せる事で更なる進化を遂げる事になる。ブログなどに出来栄えをアップしながら、自分の好みの部屋を究めていくと良いだろう。

 

まとめ

まとめ

もしも本格的に塗装にはまった時、女性が自分の手で行うには作業が難しい箇所も出てくるかもしれない。

ひび割れ加工は塗装であれば誰でも簡単にできるものではあるが、クラッキングメディウムを使用する際の素材選びに関する注意点のように、室内の壁などには適さない場合もある。誤った使用をしてしまうと内装そのものを傷めてしまう原因となるため注意しなければならない。

そのため部屋全体にクラッキングをしてみたい意欲に駆られた時、頼れるのが専門業者だ。無料見積もりを行っている業者もあるため、業者ごとにホームページを確認してみると良いだろう。

 

『記事監修』 貝掛 攻 エイジング特殊塗装士

ノーベルペイント代表
エイジング&特殊塗装専門の塗装士として独立し、全国規模で、飲食店、美容室、マンションなどのエイジング塗装、特殊塗装を多数手がける。その技術を広げる活動も行い、全国にてクオリティの高いエイジング特殊塗装ができる塗装師を育成している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です