外壁補修検討中の人必見。ウレタンクリア塗料の特徴

ウレタンクリア塗装

マイホームを持ちたいと言う夢はおそらく誰にでもあるだろう。子供の頃からマイホームを手に入れる事を夢見ていた人もいれば、社会に出て家庭を作り、そのうちにマイホームと言うものの存在に重きを置くようになる人もいる。

日本において家と言う概念は非常に重要なものがある。戸籍制度が取られている日本では、家長を継ぐ者がその土地を受け継ぎ後々の世代に引き渡してきた。核家族世帯が多くなった現代では親から子へと言う考え方が少しずつ変化してきている面もあるが、一つの家を単位とし、家族が形成されていくという基本的な要素に変わりはないだろう。

ところがその反面、日本の家屋の特徴としては耐用年数の低さが一つ考えられる。木材を使用した通気性の良い家や、その土地にあった屋根の造りや土台の高さなど、北の地域から南の地域まで様々な工夫を凝らして家が建てられてきたのは事実だ。しかし諸外国に比べて家屋の劣化は早く、なおかつそれが著しいと言う負の要素も備えている。

海外の家屋を見てみると、長い年月の耐久性を実現させるための建築構造を持っている。欧米では100年単位の耐用年数を誇る住宅がごくごく一般的に存在しているのがその証拠だろう。

ところがそれに比べて日本に良くある家屋と言えば、せいぜい30年程度の耐用年数しかない。日本と外国とでは住宅事情も異なるため、耐用年数と言う点においては日本の住宅環境はやや劣っている面も見られるかもしれない。

しかしながら劣化しやすい家屋を守るため、日本には修繕の技術が定着している。家とは家族の象徴であるとも言える日本だからこそ、繊細なものをできる限り長く使用できるように多くの知恵が出されてきた。

屋内や外壁の補修を定期的に行っていれば、耐用年数自体は低いながらも長く快適な暮らしを続ける事は難しくない。修繕のためにできる作業はいくつかあるが、その中の一つで最も有効的なのはやはり塗装である。

家とは外の環境から人間を覆い尽くして守ってくれる存在でもある。そのため家屋そのものは、雨風や直射日光などに毎日晒されている事になる。すると取り分け屋根や外壁は、どうしても傷みも激しくなっていく。

そこで重要となるのが塗装による補修の技術だ。劣化した壁やひび割れた箇所などであっても、塗装を施す事によって新築同然の見栄えに生まれ変わるのがその理由となる。

劣化と言う面と見栄えと言う面は切っても切れない関係にある。外の構造がしっかりしている事によって内側は守られている。内と外とはひと繋がりであるためそれも当然と言えるだろう。よって外観的な様相が古くなればなるほど、家屋の強度自体まで少しずつ落ちてしまう事になる。

そしてそれらの難点を払拭するのが補修の技術であるが、古い家でも塗装を施すだけで新しい家へと生まれ変わる。

ウレタンクリア塗装

出典:https://cdn.pixabay.com/

単なる塗装だろうと侮ってはいけない。家の建築をする時にも、塗装は欠かせない工程の一つだ。その工程を年数が経つごとに定期的に塗り重ねていく事により、同時に補強を兼ね備えていく事ができる。

日本の外壁塗装の技術は非常に優れており、見栄えと言う点においても楽しみながら補修を行っていく事が可能だ。

出典:https://cdn.pixabay.com/photo/

家中の外壁や屋根まで自分で行うのは極めて困難な作業となるが、玄関のドアであったり、手の届く範囲で傷みの激しい箇所であったり、自ら手を尽くせる部分も全くないわけでは決してない。

塗装業者の力を借りつつ、ドアにこだわりのアレンジを施すなどと言った楽しみがあっても良いかもしれない。

 

外壁の修繕と塗装の関係

家屋の外壁が劣化する原因は様々だ。最も良くあるのが外的な要因である。吹き付ける雨風も繰り返し受け続けていればいずれ外壁に影響を及ぼす。毎日のように浴び続ける日光は、外壁を脆くさせるのに大いに役立ってしまうはずだ。

また、これらの要因が仮に全くなかったとしても経年劣化は防ぎきれるものではない。徐々に塗膜が剥がれたり、材質自体がもろくなったり、年代と共に古くなってしまうのは物である限り仕方がない。そのため様々な面で定期的なメンテナンスを行っておかなければ、ひび割れや歪みの原因となり大きな損傷の原因を作ってしまう要素ともなる。

このように劣化してきた外壁を修繕するなら、最適で効果的なのが塗装という作業である。

一般的に住宅とは10年程度ごとに塗装補修を行っておくのがベストであるとされている。その理由の一つとしては、劣化の症状が目に見えて現われるのが、最初の10年目の頃に起こる出来事であるためだ。

ヒビなどが入っていなければまだまだ新しいままだと考える人もいるかもしれない。しかしそれは大きな間違いである。壁が変色しているように見える、あるいは当初よりもだいぶ艶が落ちてきたなど、それらの状況が見ただけで分かるのであればそれは劣化の始まりを意味している。

日光が当たりやすい所は変色する一方で、当たった雨が乾きにくいような日陰部分の外壁にはカビや藻などが発生しやすい。変色にしてもカビにしても仕方のない事だと放置する事なく、早めの段階で塗装をし直す事が長く家を保つコツだ。

近年の建築業界では飛躍的に技術も進化しているため、長年多くの人々を困らせてきた家屋のデメリットを払拭する外壁素材も生み出されている。たとえば雨に打たれる事によって綺麗になる外壁は、これまで汚れに頭を抱えてきた一般住民にとっては画期的な技術だろう。通常であれば雨に打たれればその分雨だれの原因ともなり、汚れは徐々にひどくなっていくものだ。ところが技術の進歩によって今までの概念を覆す建築の様子が出来上がり、新築を立てるときにはこだわりの外壁を利用する施主も多いだろう。

とは言えこう言った技術はまだまだ新しい物に分類される。新築を立てる人のみが得られるメリットである上に、従来型の素材に対してどうしても価格的な上昇は抑えられなくなってくる。誰もがみんな享受できる利益ではないため、まだまだ日本には補修の技術が至る所で必要とされている。

10年から15年を目安に塗替えを行っていけば、美観を保てるばかりか強度も安定させられる。劣化を放置しているとひびが入ったり壁に損傷が起きたりするため、強度の面でも不安な要因が大きくなってしまうだろう。

 

1液型と2液型の塗料の違いや使い方とは?

外壁塗装と言われても、家屋や塗料に詳しい人でなければなんの事だか分からないのが通常だ。外壁塗装を業者に依頼する前に、予め自分でもある程度の知識を吸収しておくと職人の良し悪しもみきわめやすくなってくる。

塗料には1液型と2液型の二種類があり、それぞれで使い方や特徴が異なっている。塗装の際に業者と相談する時にも、これらの耐久性やメリット、その反対にデメリットなども知っておくと良いだろう。

1:1液型…塗料缶は1つでOK!

極めてシンプルに違いを挙げるなら、1液型と2液型との差異とは塗料缶が1つでいいのか2ついるのかという点である。

1液型とは塗料缶が1つで使用できる塗料のことを言う。1液型に水やシンナーを入れるだけで壁に塗布する事が可能だ。

塗料の歴史を辿れば1液型は新しい塗料であると言える。2液型のデメリットを払拭するために開発された後発の塗料であり、すぐに固まりやすかった2液型に比べて使用上の融通が利き、塗料同士を混ぜると言う手間が省けるため作業効率も向上させられる。

 

2:2液型…塗料缶は主剤と硬化剤の2つを使用!

2液型は塗料缶が2つで1つのセットになっている。ひとつは塗料本体となる使用される主剤であり、もう片方は硬化剤と呼ばれるタイプの塗料である。

これらは二つを混ぜ合わせないと外壁塗装に用いる事はできない。硬化剤は読んで字のごとく硬化させるために使う物だ。ふたつの塗料缶を混ぜ合わせる事によって初めて有用な塗料となり、混ぜ合わせた後に水やシンナーを入れる事は1液型と変わりない。

 

3:1液型のメリットとデメリット

1液型のメリットとしては、すぐに固まってしまう2液型とは異なり使用可能な時間幅が広い所にある。2液型の場合には混ぜ合わせた後すぐに使用しなければならないが、1液型は仮に塗料が余ってしまっても次の日に回すことができる。

また、二つの塗料を混ぜ合わせる必要がない事や、2液型に比べて価格が抑えられる事もメリットの一つと言えるだろう。

それに対してデメリットとなるのは塗れる場所が限定されてしまう所にある。更には耐久性も低いため、より長い年月綺麗な状態を保つためにはやや不向きであるとも考えられる。2液型との耐用年数の差としてはおよそ3年前後であるため、見方によってはさほど変わらないと捉えられる場合もあるだろう。

 

4:2液型のメリットとデメリット

2液型のメリットは、1液型に比べて約3年長くなる耐久性である。濡れる場所も限定されないため、より幅広い用途に用いる事が可能となる。

しかしながらすぐに固まってしまうと言う点は非常に大きなデメリットにもなる。手間をかけてふたつの塗料を混ぜた後、その塗料はその日のうちに使いきれなければ無駄になってしまう。価格も高いため、2液型の使用の際には腕の良い職人への依頼が必須となるだろう。

 

そもそもクリア塗装とは何か?

クリア塗装とは無色透明の塗料を用いた塗装のことを言う。クリア塗料の対義語的に使われる塗料としては、塗りつぶし塗料と言うものがある。

塗りつぶし塗料は色のついた塗料であり、一般的に外壁塗装で多く用いられるのは塗りつぶし塗料である。しかしながら最近ではモダンスタイルな外観を誇示できる独特な家屋も多く、それらの外壁を修繕のために上塗りしてしまう事を良しとしない考え方も増えてきた。

そこで近年多く用いられるようになってきたのがクリア塗料である。透明な塗料であるため、上から修繕のために塗布したとしても元々の外観を変える事無く塗装が施せる。

出典:https://cdn.pixabay.com/

塗料に色付けをできるかどうかについては、顔料を含んでいるかどうかによって異なってくる。

塗りつぶし塗料に使われる原料には顔料が含まれている。色を出すためにはこの顔料が欠かせない素材となるので、この種類や量などの変化によって色味に違いを持たせられる。

その一方で、クリア塗料には顔料が含まれていない。補修の要素だけを兼ね備えた無職のクリア塗料の場合、サイディング材をはじめとし、タイル面などといった独自の味わいがある外壁に利用される事が多い。

元の外壁の状態を残したまま補修やツヤ出しをするには最適である。そしてもうひとつ、顔料が含まれた塗料の場合は劣化した際に粉をふいてしまう現象が起きる。顔料の含まれていないクリア塗料であればこのデメリットは生じないため、補修と言う観点から見てもメリットは大きいと言える。

 

クリア塗料の種類

外壁塗装を行う際には様々な点を検討しなければならないが、価格と密接に関わってくるのが塗料のグレードと言うものである。

外壁塗装用の塗料には、段階を追って主に4つのグレードが存在する。アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の4つの樹脂がグレードに関わり、またこれらは価格設定の差だけではなく耐用年数にも響いてくる。そのため塗料を選択する際には慎重に考慮しなければならない。

図解1

 

図解2

クリア塗料にもこの4つのグレードが存在し、さらにそれぞれ溶剤か水性かに分かれている。外壁塗料とは薄めて使う物であり、水で薄める場合の塗料は水性、シンナーなどのアルコールによって薄める場合には溶剤となる。

そして溶剤と水性のそれぞれから、更に1液型2液型へと分けるのが塗料の分類方法となる。

図解3

 

ウレタンクリア塗料の特徴

クリア塗料の種類は大まかに4つのグレードに分けられるが、その中でもとりわけ人気が高いのがウレタンクリア塗料となる。クリア塗料は外壁の補修を目的として利用されるため、耐久性の面で優れた能力を発揮させるウレタン塗料が多く使われているのも当然であろう。

顔料を使用しない透明な塗料であることから、サイディング材などの特徴的な外壁を損なうことなく補修できる点はすでに説明済みである。そしてウレタン樹脂を利用する事によって強度も安定し、劣化を防ぐためにも強い塗膜を作れるメリットがある。

強い塗膜を作れると言う事は、つまり傷にも強いという性質を生み出す。塗料を塗布した後の仕上がり自体もそもそも綺麗ではあるが、その後に壁が傷ついてしまうのを少なからず防ぐことが可能となる。

出典:https://cdn.pixabay.com/

使用感の特徴としては乾きやすいと言った利点があり、比較的低い温度で固まる塗料でもある。自動車のような熱を帯びやすい対象にも多く利用されている事がその証拠であり、外壁などはもちろんのこと、自分で家具の補修を行う際などにも細かやかに対応を実現させられるだろう。

艶を帯びた表面にもなるため、家具の手入れにぐれたんクリアを用いれば非常に綺麗な仕上がりを実感できるはずである。

 

ウレタンクリア塗料の使い方

ウレタンクリア塗料はプロ仕様の素材であるともいえるため、個人で使おうとするといささか苦戦する場合がある。しかしポイントをしっかり押さえておけば、たとえ初心者であっても必ずしも不可能と言う訳ではない。

手順①

塗料がしっかり素材と密着するよう、事前に表面を磨いておくのはウレタンクリアも他の塗料も変わらない。木材への塗装となる場合にはやすりなどで擦り、汚れやほこりが取り除けたらタオルでさらに磨くと良い。

手順②

2液型である場合、まずは塗料を混ぜる所からはじめなければならない。計量カップなどを使えば塗料の分量を量る事は可能である。

混合比率はメーカーにもよるが、たとえば10:1であるなら主剤が10、硬化剤が1の比率で混ぜ合わせる事になる。

手順③

溶剤の塗料であるならシンナーなどのアルコールによって薄める必要がある。強度に若干の差は出てくるが、室内作業を行うならば水性タイプを利用するのも良いだろう。

 

手順④

塗布をする時には刷毛を利用し、木目に沿って均一に塗り込んでいく。この際に多く塗料を出しすぎないように注意しつつ、ムラにならないように確かめながら作業を進めていくと良い。

手順⑤

塗布した後は乾かすと言う作業となるが、この工程を3、4回ほど繰り返すと綺麗な仕上がりとなる。

対象が広範囲な物体であるなら、面積の広いコテバケなどの利用も2回目以降からはしても良いだろう。

ウレタンクリア塗料を綺麗に塗るポイント

一般的なペイント用の塗料のように、一度で満遍なく仕上げようとすると失敗の元となる。塗料を少しずつ出しながら、数回に分けて塗り重ねていく事が綺麗に作業を行うコツとなる。一度塗った後は少なくとも1時間以上乾かしておく必要が出てくるため、自分でやろうとする作業としてはやや根気のいる場面も多くるだろう。

 

塗料の入手方法と価格

ウレタンクリア塗料はネットショップからでも簡単に購入できる。価格はメーカーによって若干の変動があるが、大抵は2,000円から3,000円台で販売されている。

出典:https://amzn.to/2ufZgzm

クリア塗装のポイントは4個!

 

ポイント1 ウレタンクリアの原料に注意

ウレタンクリア塗料とは、ブライワックスやミルクペイントとは全く異なる性質を持っている。1液型にしても2液型にしても、その原料は自然由来のものではない。そのため人体にとっても仕様の仕方を間違えれば有害なものとなっている。

ウレタンクリア塗料を使用する際には、必ず換気の良いところで作業を行う必要がある。屋外であればそこまで問題はないものの、室内での作業の場合には必ず十分な換気をしなければならない。

 

シンナーは入れすぎないように

溶剤の塗料はシンナーで薄める必要があるが、この時に注意したいのがシンナーの量である。使用量が多すぎると塗料の性質に欠陥が生じる恐れがある。充分な塗膜を作れなくなると言うデメリットに直結するので、ウレタンクリアの良さを損ねてしまう。

 

2液型の性質に注意

ウレタンクリアは主剤と硬化剤を混ぜ合わせるが、2液型の特徴としてすぐに固まってしまうデメリットがある。そのため一度混ぜ合わせてからはスピード勝負になってくる。作業の迅速性が求められるため、初心者の人には困難な部分もある。

 

ウレタンクリアの用途に注意

ウレタンクリア塗料がその性質の利点を発揮させられるのは、まだ劣化の具合がそこまで大きくない部分となる。10年程度、つまりは家を建ててから最初の塗替えの頃までがベストの状態となる。

年数が経ち劣化が著しい場合には、残念ながらウレタンクリアを利用しても求められる仕上がりにはなりにくい要素がある。透明である事によって傷の上から塗布しても隠す事ができず、損傷個所がそのまま目に見えて残ってしまう原因となる。

 

サイディングに最適なクリア塗装

建築の壁に利用される素材にはいくつかの種類がある。一般的に広く使われている材質のうちの一つとしては、モルタルやサイディング材などの名称が上げられるだろう。

モルタルとは素直混ぜたセメントを水で練ったもののことを指す。ひびが入りやすいモルタルにクリア塗料は適していないと言われている。仮にモルタル材の補修をするのであれば、透明な塗料よりも着色可能な塗料を利用するのが最善である。壁材の性質によって着色した方がいいのか無色のままの方がいいのかが異なってくるため、外壁塗装を行う際には信頼できるプロに任せる必要もある。

クリア塗装が効果をより良く発揮できる材質と言えば、なんと言ってもサイディング材である。サイディングボードという呼称もあるように、その外観は板のようであり、レンガを埋め込んだような設計なども人気となっている。

出典:https://cdn.pixabay.com/

白や黒やベージュなどの様々な色合いを壁に出す事ができる他、見た目も木目調やレンガ調などの柄を多くのバリエーションから選べる。そのため家を建てた状態のまま残したいと希望する人も多く、そう言った場合に有用となるのが透明で下地の外観を損ねないウレタンクリア塗料なのである。

 

まとめ

ほんの一部分の補修であれば、自らウレタンクリア塗料を使用して補修作業を試みてみる事もできなくはない。しかし一般的な趣味の範囲の塗装とは異なり、補修と言う部分を含めるとなるとやはり素人が手を出せる領域からははみ出してくる。

家を長くより良く保ちたいのであれば、頼るべきは腕の良い専門業者であるはずだ。補修は足場の設置など大掛かりな作業も必要となってくるため、まずは無料見積もりから依頼してみるのがおすすめである。

『記事監修』 貝掛 攻 エイジング特殊塗装士

ノーベルペイント代表
エイジング&特殊塗装専門の塗装士として独立し、全国規模で、飲食店、美容室、マンションなどのエイジング塗装、特殊塗装を多数手がける。その技術を広げる活動も行い、全国にてクオリティの高いエイジング特殊塗装ができる塗装師を育成している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です